医師転職サイトランキング2017|転職エージェントおススメTOP3!

医師の転職・求人探しは医師専門の転職エージェントに!

hea

c タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web URL: http://mangaonweb.com/

 

もっと専門分野の知識や技術を身につけたい

もっと症例数を増やしたい

医局や職場の人間関係から解放されたい

子どものため、家族のためにプライベートの時間を確保したい

当直を減らしたい、勤務時間をもっと短くしたい

地方の病院に派遣されそう

開業に向けて高収入な現場に移りたい

 

 

このような悩み等から、転職や非常勤・アルバイト(スポット)の求人を探す医師・ドクターが非常に増えています。

 

そして、転職を考える医師・ドクターにぜひ利用してほしいのが、医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)です。

 

 

医師,転職,求人,転職サイト,エージェント

 

 

年間2万人の医師が転職エージェントを利用

 

hea

日本医師会総合政策研究機構『日本医師会 病院における必要医師数調査』

 

 

上記グラフは日本医師会が2015年に調査した「病院が医師の採用で利用する方法」についてまとめたものです。

 

最も多いのが「大学(医局等)への依頼」となっていますが、次が「民間職業紹介事業者」(紹介会社)、つまり「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」です。

 

これは採用に至っていなくても医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)を利用して医師の紹介を受けている病院・医療機関も相当あることのあらわれです。

 

実際にはかなりの病院や医療機関が医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)を採用手段として利用していると思われます。

 

 

また厚生労働省の有料職業紹介(転職エージェントサービス)のデータからも、転職エージェントを使う医師が増えていることが分かります。

 

転職エージェントを使う医師は増えています。(厚生労働省データより)

 

 

厚生労働省の報告資料によれば、「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」で転職した医師は、2015年度で常用就職件数(常勤・4か月以上の有期雇用)で20,157件、また日勤などのスポット件数では、延べで30万人以上の件数となっています。

厚生労働省『平成27年度職業紹介事業報告書の集計結果』

 

 

すでに全国に約31万人いる医師のうち、常用勤務(常勤・非常勤)で年間2万人の医師が転職エージェントを利用しているわけです。

 

では、なぜ2万人以上の医師が「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」を利用しているかというと、

 

無料で使える
転職のプロがサポート
非公開求人が多い
求人探しや条件の交渉を任せられる
求人票に載っていない職場の雰囲気・

採用背景を知ることが出来る

 

 

 

医師の世界は他の業界と異なり、他の業界に移ることがない狭い世界です。

 

だからこそ、他の転職を考える医師よりも早く情報を集め、多忙な中でも、効率的に転職活動を進めていくことが求められます。

 

 

医師専門の転職エージェントや転職支援会社も最近は数が増えてきていますが、当サイトでは医師専門の転職サポートを行っている現役の転職エージェントが、社会的役割の大きい先生方の医師としての今後のキャリア形成生活をより良いものにしていただくために、それらの転職支援会社の中で本当におススメしたい会社を紹介しています。

 

 

医師,転職,求人,転職サイト,エージェント

 

 

サラリーマンとは異なる医師の転職

 

医師の場合、生命に関わる仕事であるため、社会的責任や役割は他の職種に比べても高く、また高度な専門性も求められます。

 

またサラリーマンの転職とは異なり、これまでと全く関係のない他の業界に転職することもありません。
同じ業界で働き続けるわけです。

 

いくら医局制度がなくなって久しく、若い医師が自由に進路を選べるようになってきたと言っても、依然、医局の影響力は残っています。

 

転職を検討する場合は医局の影響なども考慮し、しっかりと情報収集を行いながら時間をかけて今後の医師としてのキャリアを考えていくことも重要です。

 

 

また最近の傾向として、開業を考えだす医師の年齢が若くなってきており、30代から開業を考える医師も増えてきています。

 

既に開業すれば一定の利益が得られた時代は終わり、立地だったり専門性だったりといった何かしらの強みがないと生き残れない時代に突入しているため、早くから開業見越して準備を進めたいと考える医師が増えていることも要因でしょう。

 

開業し、成功するためには何かしらの強みも必要ですが、「他に患者を囲い込まれるくらいなら自分が先に・・・」と準備を早い段階から進める医師が増えているようです。

 

それに伴い、早くから専門性やキャリアを積むもうと転職を考える医師が増えています。

 

しかし、先々で開業を目指しての転職であれば、将来、規模が大きくなって医局から医師を派遣してもらうなんてことも出てくるかもしれません。

 

そういった点で転職の際は医局からの紹介を利用して転職をする医師も多くいますが、一方では医局との関わりが続くため、医局との関係が続くのを嫌がる医師も多くいるのです。

 

hea

 

しかし、診療以外に当直や論文を読んだりと非常に忙しい医師の場合、一人で考え行動するにも限界があります。

 

実際に転職した医師の多くが、転職活動を始めたころは情報を集めること自体が大変だったという話もよく耳にします。さらに県外への転職を検討している場合は、転職先の医局の影響力によっては情報がなかなか入りにくかったりもするようです。

 

 

これから高齢化社会を迎え、医療を取り巻く環境は大きく変化しており、勤務先やキャリア形成についても時代の流れに合わせて対応していくことが求められます。

 

 

だからこそ転職を考えるのであれば、転職先の情報や雰囲気を知っていたり、非公開求人を含めた多くの求人を持つ、転職エージェントをパートナーにするだけでも、かなり有利になるのです。

 

 

 

転職エージェントを使う医師は増えています。(厚生労働省データより)

 

 

 

 

 

転職エージェントを有効的に使う為に

 

2つの転職サイトに登録する

ある転職サイト(エージェント)にある求人が、他の転職サイト(エージェント)にはない、なんてこともあります。また、転職サイト(エージェント)によって給与条件が異なるなんてこともあります。

 

担当者の力量の違いや相性というのも正直あります。

 

転職は自分自身の今後のキャリアや生活、人生が掛かった重要な局面です。

 

最低2つのエージェントには登録するようにしましょう。

 

出来れば当サイト掲載のエージェントは全て登録しておいて損はありません。

 

希望条件に合う求人を持つ転職エージェントに登録していないばかりに、他の医師に獲られ・・・なんてことにならないように。

 

「今すぐ」でなく「とりあえず」でも登録を

「今すぐではないから・・」と登録を躊躇してしまいがちですが、転職エージェントはその辺の事情も理解したうえでサポートしてくれます。

 

もし登録をためらっている間に希望に合致する、もしくはそれ以上の求人が出てきたら・・・もったいないですよね?

 

転職を考えているのであれば、今すぐでなくても、とりあえず登録して、希望に合致する求人が出てくるまで待つというのも効果的な転職を実現させる方法の一つです。

 

まずは話を聞いてみましょう

転職エージェントは申し込んだ後に、まずは空いてる時間に会ったり、または電話などで面談を行います。医師の転職は会社員と違って中長期で考えていくものですが、とは言え良い求人が出てくれば、応募が殺到し採用が決まってしまいます。

 

今すぐでなくても、とりあえずどういった求人があるか、また転職を考えるにあたってどういった準備が必要か知っておくだけでも、いざ転職活動を始める段階で差が出てきます。

 

申し込んだら出来るだけ早く話を聞くようにしましょう!

 

常勤から非常勤・スポットやアルバイト求人まで

医療の現場は一般企業とは異なり、非常勤での勤務も普通に見られます。

 

そのためスポット勤務の非常勤求人だったり、またはアルバイト求人も非常に多くあります。

 

隣接県や勤務する医局の影響が及ばない地域のアルバイト・スポット求人を利用し、その地域の情報を肌で感じるも良いでしょうし、また転職が決まった後に次の勤務が始まるまでの間、こういったスポットやアルバイトの求人を利用することもできます。

 

とにかく常勤・非常勤問わず求人を豊富に持つのが転職支援会社です。

 

ぜひ効果的に使いましょう。

 

医師,転職,求人,転職サイト,エージェント

医師専門の転職エージェントと転職サイトを使うメリット

 

無料で使える

「転職をサポートをしてもらうのっていくら位するのだろう?」と考えてしまいがちですが、実は基本無料です。

 

これは、転職サイトは求人の掲載料、転職エージェントや紹介会社は転職先が決まった後に、転職先から「採用が出来た」ことに対する報酬を受け取ることでビジネスが成り立っているからです。

 

また職業安定法により、求人・求職の申し込みは「全件受理」することを義務付けられています。

 

転職のプロがサポート

医師向けに活動している転職エージェントや転職コンサルタントは、サラリーマンなどの転職と違い、先々で開業する医師も多いことから、転職して終わりではなく先々まで視野に入れサポートしてくれます。

 

そのため、信頼関係の構築に力を入れているのはもちろんのこと、転職する際は「なぜ転職するのか?」「転職後に求める条件は?」「勤務地は?」「年収は?」などあらゆる希望を伺い、少しでも希望が叶えられるようサポートしてくれます。

 

また「転職活動していることがバレるかも・・」なんて不安もあるかもしれませんが、情報漏えいなんてあれば信頼関係は構築できません。だからこそ安心できる転職支援会社やコンサルタントを選ばなければいけません

 

非公開求人が多い

役職者での採用だったり、急な人員補充、条件面などの情報を漏らしたくない、競合に知られたくないといった様々な理由で非公開となっている求人が非常に多くあります

 

実は転職エージェントしか扱っていない求人も多く、これは1人で転職活動を進めても絶対に知ることが出来ません。

 

そういった求人に応募することが出来るのもメリット。

 

中には扱っている求人の半数以上が非公開というところもあります。

 

求人探しや勤務条件の交渉もお任せ!

安心して仕事に集中!


個人で動く場合、生活圏から外れた地域などでの情報はあまり入ってきませんが、転職エージェントやコンサルタントは全国各地の求人を持っています

 

特に各地域ごとに拠点を持っている会社は求人票に載っていない情報も多数持っています。

 

エリアを広げて転職を考えると求人探しだけで一苦労ですが、こういった求人探しや面接などの日程調整、また年収などの条件交渉などは全てパートナーとなる彼らが代わりに行ってくれます。

 

安心して今の仕事に取り組みながら、転職活動を進めることができるのです。

 

求人票に載っていない情報や転職のノウハウも!

転職活動は1人ひとり始める時期も理由も異なります。

 

どのように転職活動を進めていけばいいのか、履歴書などの書類作成の方法、面接で伝えるべきポイントなど、分からないことも転職エージェントやコンサルタントなどの転職のプロに聞いちゃいましょう。

 

彼らはさまざまなノウハウを持っています。また年収や勤務地、勤務時間といった求人票を見ればわかる情報だけでなく、転職先となる病院の雰囲気や環境なども聞くことができます

 

たくさんの現場を直接見ているエージェントやコンサルタントだからこそ、現状が他の病院や他で働く医師と比べてどうなのかなど、あらゆる情報を聞き、自分の希望する条件と一緒に整理していくことも可能なのです。

 

hea

c タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web URL: http://mangaonweb.com/

 

 

医師,転職,求人,転職サイト,エージェント