へき地

少子化と高齢化が同時に進む日本において、地方、特にへき地での医療提供体制の確立は切実な問題です。

 

日本国憲法25条では、

  1. すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
  2. 国は、すべて の生活部面について社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない

と規定しています。

 

これは国民には生存権があり、国家には生活保障の義務があるという意味です。しかし、国内各地に目を向けると、都心部では人口も医療機関も多く、また設備の揃った医療機関も多くありますが、一方、地方では医師不足、設備不足、財政の問題等により、十分な医療サービスを受けられない人々がいるのも事実です。

 

 

 

今後、ますます少子化と高齢化が進み、人口減少に歯止めがかからない日本において、医師に求められる役割はより