医師転職サイトランキング2017|人材コンサルタントおススメTOP3!

転職エージェントを使う医師が急増中!

2014年厚生労働省が医師・看護師にかかわるエージェントサービスについての調査・統計内容を発表しています。職業紹介事業に関するアンケート調査 調査結果(平成26年)

 

hea
ごらんのとおり、医療機関が医師を採用する場合、医局からの紹介が27.4%に対し、エージェント(民間職業紹介)を使った採用が26.2%と、ほぼ変わらない水準となっています。

 

またインターネットの求人情報サイトへの掲載が10.4%です。

 

現在、インターネットの求人情報サイトは、ほとんどがエージェント(民間職業紹介)を兼ねているため、実質的には36%以上がこういった医師専門の転職エージェントを使っていることになり、それだけエージェントサービスが医師の間でも認知され、利用されていることがおわかりいただけるでしょう。

 

 

実際に、「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」で転職した医師は、2015年度で常用就職件数(常勤・4か月以上の有期雇用)で20,157件、また日勤などのスポット件数では、延べで30万人以上の件数となっています。

厚生労働省『平成27年度職業紹介事業報告書の集計結果』

 

 

すでに全国に約31万人いる医師のうち、常用勤務(常勤・非常勤)で年間2万人の医師が転職エージェントを利用しているわけです。

 

 

 

では、なぜエージェントを使う人が増えているかというと、転職を考える医師だけでなく、病院やクリニック・その他医療機関の双方にメリットがあるからです。

 

例えば採用する病院やクリニック、医療機関側にとって、自分達で広告掲載し採用しようとしても、応募者がなければ求人広告費はムダになります。
しかし、エージェントに求人を出す場合、求人を出すだけでは広告費もかかりません。
さらに、

 

確実に紹介してもらる
ミスマッチが少ない
迅速な採用が行える
採用の背景や職場環境を理解して転職希望者に求人を紹介してくれる
採用の背景や職場環境を理解した応募者に出会える

 

というように、採用する側にとっても早く確実に欲しい人材を採用できる仕組みになっていること。

 

 

また採用背景や職場環境を転職を考える医師に予め伝えておくことで、面接の段階で、転職を考える医師にとっても、採用する病院・クリニック側にとってもミスマッチの可能性も低くなるということがあります。

 

hea

 

(参考)厚生労働省 医師・看護師の有料職業紹介に関するヒアリングの概要 

 

 

次にエージェントを使っている医師の年齢や経験年数を見ると、30代から50代まで幅広く利用されていることが分かります。

 

医局や研修先で経験を積み、次のキャリアを考えだす年代、また40〜50代になれば子育てや家庭のことなどで転職を考えだす年代、体力的にも当直を減らしたいと考えだす年代と幅広い年代の医師が次のキャリアやプライベートなどそれぞれの抱える問題を転職で解決するために、エージェントを利用していることもこのデータからうかがえます。

 

hea

 

hea

 

 

医師専門の転職エージェントは採用と転職サポートに特化した専門家です。だからこそ、医師それぞれの希望や転職を考える理由に対応できる求人・職場を紹介してくれます。

 

 

自分のより良いキャリア、医師としてのQOLをより良いものにするためにも、気軽にエージェントサービスに登録し、相談しましょう。

 

とはいえ、医師専門の転職サイト(エージェント)に登録すれば、すぐに転職させようとさせられると不安になる医師もいるかもしれません。

 

医師の場合、他の一般企業で働く会社員と比べ、年収も高いことから、エージェントにとっては慌てて転職を促す必要はなく、また独立開業を考える医師も多いことから、先々までの関係性を考慮し、じっくりと相談に乗りながらサポートしてくれるところがほとんどです。

 

今や医師専門の転職サイト(エージェント)の数も増えてきており、転職を考える医師との関係構築も転職サイト(エージェント)として生き残っていくためには必要な要素になっています。

 

無理に転職を促すような転職サイト(転職エージェント)は生き残っていくことも出来ませんし、当サイトではそのような評判が出る転職サイト(エージェント)は掲載しておりません。

 

医師,転職,転職エージェント,転職サイト,求人