最近の医師の転職傾向

医師は生命に関わる仕事であるため、社会的責任や役割は他の職種に比べても高く、また高度な専門性も求められます。

 

またキャリアマッチング制度などで、若い医師が自由に進路を選べるようになってきたと言っても、依然、医局の影響力は残っています。

 

転職を検討する場合は医局の影響なども考慮し、しっかりと情報収集を行いながら時間をかけて今後の医師としてのキャリアを考えていくことも重要です。

 

また最近の傾向として、開業を考えだす医師の年齢が若くなってきており、30代から開業を考える医師も増えてきています。

 

既に開業すれば一定の利益が得られた時代は終わり、立地だったり専門性だったりといった何かしらの強みがないと生き残れない時代に突入しています。

 

さらに、都市圏への医師の集中、地域偏在などの問題もあり、大学では医師の育成枠を地方を中心に増やしたままにしているため、少子化とあわせて、今後、医師余りの時代が来るとも言われています。

 

こういったことから、これまでのように「キャリアを積んでから開業する」という考えから、地域のマーケットの動向を見て、チャンスがあれば早いうちに開業したいと考える医師が出てくるのも当然のことでしょう。

 

 

開業し成功するためには何かしらの強みも必要ですが、「他に患者を囲い込まれるくらいなら自分が先に・・・」と準備を早い段階から進める医師が増えているようです。

 

 

こういった傾向から、早くから専門性やキャリアを積むもうと転職を考える医師が増えています。

 

しかし、先々で開業を目指しての転職であれば、将来、規模が大きくなって医局から医師を派遣してもらうなんてことも出てくるかもしれません。

 

そういった点で転職の際は医局からの紹介を利用して転職をする医師も多くいますが、一方では医局との関わりが続くため、医局との関係が続くのを嫌がる医師も多くいます。

 

hea

 

しかし、診療以外に当直や論文を読んだりと非常に忙しい医師の場合、一人で考え行動するにも限界があります。

 

実際に転職した医師の多くが、転職活動を始めたころは情報を集めること自体が大変だったという話もよく耳にします。さらに県外への転職を検討している場合は、転職先の医局の影響力によっては情報がなかなか入りにくかったりもするようです。

 

 

これから高齢化社会を迎え、医療を取り巻く環境は大きく変化しており、勤務先やキャリア形成についても時代の流れに合わせて対応していくことが求められます。

 

 

だからこそ転職を考えるのであれば、転職先の情報や雰囲気を知っていたり、非公開求人を含めた多くの求人を持つ、転職エージェントをパートナーにするだけでも、かなり有利になるのです。

 

 

医師転職サイトランキング(トップページに戻る)

 

あわせて読みたい記事
医師専門の転職サイトを使うメリット